So-net無料ブログ作成

腰痛の症状について! [腰痛の症状]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

腰痛の症状と言うのは、若い人から年配の人まで、
実に年代の層が幅広いですよね。

同じ腰痛であっても、冷やした方が良い場合と温めた方が
良い場合があります。

自己判断で間違った対処をすると返って治り難くなる可能性も
あるから注意が必要ですね。

では、今日は、様々な腰痛とその症状について説明しますね。


●ギックリ腰と腰椎椎間板ヘルニア

よく聞く言葉で、「ギックリ腰」なんてありますが、
これは、年齢は問わず、特に疲れが溜まっている時に
腰を曲げたり身体をひねったりすると、急に腰が痛くなり、
動けなくなってしまう症状です。

ギックリ腰の場合、一瞬にして激しい痛みが生じますので、
動けなくなります。

この場合は、安静にしていてもあまり良くなりませんね。

また、もし、腰の痛み以外にも足のしびれも感じるような場合には、
腰椎椎間板ヘルニアの可能性も疑った方がいいかもしれません。

この腰椎椎間板ヘルニアでは、立った状態よりも前かがみや
座っている状態で痛みを感じやすいので、靴下を履く時に痛みを
感じるなら注意が必要です。


●脊髄分離症

脊髄分離症の場合は、体を後ろに反らせたり、長時間同じ姿勢を
していることで腰に痛みを感じます。

脊髄すべり症になると、重苦しい腰の痛みから始まって、
足にも痛みやしびれを感じるようになるでしょう。


●椎間板性腰痛

椎間板性腰痛では、椎間板の老化によって起こる腰痛で
神経の刺激によって腰痛を感じてしまいます。

長時間同じ姿勢でいると痛みを感じてしまい、
横にしていると症状も和らぐでしょう。


●腰痛症

腰痛の症状ではこの腰痛症が一番多いと言われています。

原因は、姿勢の悪さなどにより、腰が痛みやすくなります。

例えば、無理な姿勢で読書やテレビを観ていたり、
また、高さの合わないテーブルを長時間使うことで腰痛を
引き起こしたりします。

また、他にも・・・

・あぐらをかいたり
・布団や枕を変える

このようなことでも腰に負担がかかります。

腰痛症の場合、腰が重い・だるい・凝るなど、痛みが鈍いとされるので、
あまり自覚症状がない場合がほとんどでしょう。

ですので、何気なく過ごしている日常生活の中で腰痛が慢性化することも
あるんですね。

もし、腰痛で悩んでいるなら対策をして改善させなければいけませんね。
>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。