So-net無料ブログ作成

内臓関係が原因で腰痛になるの? [腰痛の症状]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

腰痛では、その症状や原因について様々なものがあります。

慢性的な腰痛がある人の9割は、腎臓に何らかの問題を
抱えているようです。

腎臓は腹膣の後面にあるため、腎臓に炎症がある場合では、
腰に重い痛みを感じる場合があるようですね。

これは腎臓を動かしている末梢神経と同じところから出ている神経が
腰の筋肉にも伝わってしまうので、腰の筋肉に影響を与えることから
起こるようです。

もし、安静にしていて動かない場合でも痛みが落ち着いてこない時や
腰の痛みと同時に血尿や腹痛などの症状もある時には、
内臓の疾患が腰痛の原因かもしれません。

腰の部分と言うのは、ちょうど臓器が多く存在する場所になるので、
内臓の不調によっては、大変に影響を受けやすくなる部分だと
言えるでしょう。

胃や胆石、十二指腸潰瘍などの消化器系の疾患からくる腰痛の場合では・・・

・腹痛や血便
・吐き気や嘔吐

これらの症状がみられます。

尿路結石や前立腺がんなどの泌尿器系の疾患では腰痛の他にも・・・

・血尿
・排尿障害

などの症状がみられる場合があります。

婦人科系の子宮ガンや子宮内膜症など疾患では・・・

・おりものが増える
・不正出血を伴う

このようなことも多いようです。

循環器系の疾患では・・・

・腹痛
・背腰痛

これらの症状が起こります。

内臓疾患が原因で起こる腰痛の場合では、筋肉や骨からくる腰痛とは
別のものになります。

また、内臓疾患が原因で起こる腰痛は、放置したままにしておくと
生命にかかわる可能性もあるので注意が必要です。

ですので、自分の判断では、正確に原因はわからないので、
痛みを感じたら専門医の診断を受けるようにしましょう。

ちなみに、内臓疾患による腰痛の場合は、どんな体勢をしていても痛みが
楽にはなりません。


>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。