So-net無料ブログ作成

腰痛を牽引で治療する [腰痛治療]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

腰痛の治療で、牽引療法と言う方法があります。

この牽引療法は腋を固定して、骨盤部にベルトを巻き、重りや電力により、
体重の3分の1ほどの負荷をかけて、足の方に約10~15分くらい
引っ張ると治療法になります。

牽引療法は、腰椎間が狭くなって圧迫を受けたことで起きる椎間板ヘルニアなどの腰痛の治療に使われます。

要するに牽引して椎関節の間を広げることで痛みを和らげる仕組みですね。

牽引療法には、2種類あります。


・持続牽引

腰を足の方へ引き、ゆっくりと緊張した筋肉を伸ばして背骨を安定させる


・間欠牽引

1回10~15分ほどを繰り返し行う間欠牽引

間欠牽引の場合は同時にマッサージの効果も得られるので、
背骨周辺の筋肉をほぐし血行をよくすることで痛みが和らぎます。

ですが、牽引療法は腰の痛みが強い時には効果的になるのですが、
長期の漠然とした牽引療法は症状を長引かせることもあるようです。

この牽引療法による治療には、実は賛否両論があって、
海外では牽引療法は使われていないそうです。

一般的には、牽引で引っ張ると、椎間板が神経を圧迫しなくなるので、
痛みが和らぐと言われていますが、ただ、引っ張ることで周りの筋肉が
伸ばされしまうので余計に腰痛が悪化するという説もあるのだとか。

この牽引療法を受けた人では、もちろん、腰痛が改善した人もいれば、
逆に悪化した人もいるようなので、どちらが良いのかはっきりと断言する
ことはできませんね。

もちろん、人の身体ですので、その治療が合う、合わないというのがありますが、
もし、この牽引治療を受けるのであれば、医師の説明をしっかり聞いて、
自分が納得した上で治療するといいでしょう。
>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。