So-net無料ブログ作成

手術で腰痛を治療する! [腰痛治療]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

腰痛の治療では、湿布などを使うのが一般的です。

ですが、重症の場合ですと、最悪、手術を考えなければいけません。

しかし、その手術ってどんなことをするの?と不安になりますよね。

そこで、このページでは、腰痛の手術について解説していきますので、
腰痛のせいで生活に支障をきたすなんて方は、特に参考にしてください。


●手術で腰痛を治療するには・・・

今では医学もかなり発展してきていますが、実は、腰痛の手術は
100%安全だとは言い切れないのが現状です。

ですが、100%安全だと言い切れないのは、別に腰痛の手術に限らず、
他の手術にも同じことが言える訳でして、手術は最終手段として考える
べきです。

腰痛の場合は脊中間狭窄症や、椎間板ヘルニアなどの際に手術が
行われることが多いですね。

椎間板ヘルニアは痛みだけではなく、酷くなると周辺の神経にまで
影響を及ぼす可能性もありますので、足にしびれなどが見られる場合もあり、
歩行や排泄に困難をきたす場合もあるでしょう。

そこまでくると、さすがに手術を考えられた方がいいでしょう。

腰痛の手術に中で最も多く行われているのが、椎間板ヘルニアの手術
になります。

では、椎間板ヘルニアの手術ってどのような方法で行われているのでしょうか?

ヘルニアの手術が行われる中で一番一般的な方法が、

「ラブ法」

という手術です。

この手術は、圧迫されている硬膜と神経根を避けてヘルニアを摘出する
手術になります。

手術にかかる時間は1時間程度で、出血することもほとんどないでしょう。

手術翌日には自分でトイレに行くことも可能だと言われているので、
だいたい1~2週間もあれば問題なく退院出来ると言われている手術です。


また、「固定法」と言うもあるのですが、こちらは、ラブ法と同じく
ヘルニアを摘出するまでは同じですが、摘出した部分に自分の骨盤から
採取した骨を移植する手術方法になります。

ですが、腰痛の治療のための手術をしたことにより、何らかしら後遺症が
残ってしまったと言う方もいるみたいです。

腰痛の場合、その原因によっては、保存的療法をちゃんと行えば、
手術を行わなくても腰痛が改善するケースも少なくありません。

痛みが酷いからと言って、安易に手術を受けることだけは避けるように
した方がいいかもしれませんね。



腰痛の手術いかがでしたか?

安易に手術をしてはいけないってお分かり頂けたと思います。


あなたも今このページを読まれていると言うことは、
かなり腰痛で悩まれていると思います。

そこで、手術をしないで、薬にも頼らない腰痛改善方法を
お伝えします。

先ずは、下記のリンクをご覧ください。

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。