So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

腰痛の時に使うコルセットで治療するには? [腰痛治療]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

腰痛で悩まされている人の中には、コルセットを巻いている方もいますよね。

また、腰痛予防の為といってコルセットを巻いている方もいます。

でも、コルセットは、どうして腰痛予防や腰痛対策になるのでしょうか?

少し詳しく解説してみたいと思います。


●腰痛とコルセットは・・

体を使う運送業や建築業をされている方はもちろんですが、
デスクワークを中心にされている方でも、腰痛をお持ちの方は
多いかもしれませんね。

しかし、腰痛で痛いと言っても、思うように仕事が休めなかったりしますよね。

こんな時に腰をサポートしてくれるのが、コルセットになります。

このコルセットには種類が2種類あります。

・軟性 ・硬性

この2種類です。

軟性のコルセットは弾力性があり、痛みの強い腰痛やギックリ腰の時など、
痛みによって日常生活が困難になった場合に使用するんですね。

ちなみにコルセットは布などで出来ているので、
装着していても日常生活に支障をきたすことのない物です。

その一方で、硬性のコルセットは外科治療に使用されます。

例えば、痛みが酷くて立っていたり座っていたりする姿勢を保つのもつらい方や、
手術後に腰椎を固定する必要がある方などが使ったりします。

日常生活で行われるような動作を防ぐことで腰痛を改善していくと言う目的がある為、
プラスチックや金属で硬性コルセットは作られているんですね。

ですが、コルセットを装着するだけでは、腰痛は根本的な治療にはなっていません。

コルセットを装着することで腹圧が上がりますので、腰への負担は軽減されて、
ある程度の動作を固定するので、痛みは減るでしょう。

しかし、あまりコルセットに頼りすぎてしまうと腹筋や背筋が弱ってしまう事があるので、
コルセットを外した時に自分の力で体を支えるのがきつくなってしまいます。

ですので、コルセットの使用期間はなるべく短くして、腰痛を改善するための
リハビリなどを受けるようにするといいでしょう。


以上がコルセットについてです。

要するに腰痛で悩んでいる方は、コルセットだけに頼るのは
良くないと言うことです。

なるべく、腹筋を鍛えることが重要なんですね。

もし、腰痛で悩んでいるなら、腰を痛めないような腹筋運動を
行うようにするといいでしょう。
>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。