So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

腰痛を薬物で治療する? [腰痛治療]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

頑固な人の場合、酷い腰痛であっても病院に行かず、市販の湿布などで
我慢されている方もいますよね。

ですが、あまり腰痛が酷いようであれば、1度病院で診てもらったほうがいいでしょう。

今日は、そんな中でも薬物治療の事を調べてみたので、是非、参考にしてください。


●腰痛の薬物治療では・・・

腰痛の治療方法として薬物療法と言う物がありますが、実際、
どのように薬物で治療しているか皆さんはご存知だったでしょうか?

腰痛の薬物療法では主に、消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤を使用します。

消炎鎮痛剤はよく耳にすることがあると思いますが、痛みが
起こっている部分には必ず炎症が見られるんですね。

この炎症を抑えることで、痛みを緩和してくれる薬が消炎鎮痛剤になります。

もちろん、消炎鎮痛剤と言ってもその種類は様々あって、その中には
内服薬や座薬などがあります。

他にも、消炎鎮痛剤が入った湿布や塗り薬などもあって、
痛みの深い部分にまではあまり効果がないようですが、
痛みのある部分に集中的に即効性があると言われているようです。

筋肉弛緩剤は、緊張している筋肉やけいれんを起こしてしまっている
筋肉をほぐすことにより、痛みを緩和してくれる薬になります。

ですが、この薬は胃腸機能の障害をもたらすような副作用が見られる場合が
あるので、筋肉弛緩剤を処方される時は一緒に胃腸薬を処方されることが
多いと思います。

これら二種類の他にも、腰痛の痛みを緩和してくれるような薬はあります。

例えば、ビタミン系では、

ビタミンBやビタミンEなどもよく処方されるようです。

ちなみにビタミンBと言うのは神経の働きを活発化させて、
しびれを緩和させてくれる働きがあります。

また、ビタミンEには血行を促進して、筋肉の緊張をほぐす働きがあります。

しかし、薬物療法はあくまでも、対処療法にしかすぎないと言うことを
覚えておいてください。

なので、ある程度の期間、痛みを抑えることは可能ですが、
根本的な治療にはなっていないことがほとんどです。


以上が腰痛のための薬物治療ですが、お分かりいただけましたでしょうか。

やはり、このような治療で根本的な改善にはなっていません。

根本的に腰痛を改善させたいのであれば、以下が参考になります。

病院に行く必要もありませんし、薬に頼ることもありません。

気になる方は1度チェックしてみてください。

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



トラックバック(0) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。