So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ぎっくり腰について! [腰痛の症状]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

腰痛の種類にもいろいろありますが、なかでも、ぎっくり腰なんてのは
よく聞く言葉ですよね。

ぎっくり腰なんていうと、いくなり重い物を持ち上げた時になるような
イメージがありますが、実際のところはどうなんでしょう?

そこで、今日は、ぎっくり腰について詳しく調べてみましたので、
ぎっくり腰の方、また、力仕事などでいつも心配されている方は、
特に参考にしてみてください。


●ぎっくり腰について!

ある時、突然襲ってくる「ぎっくり腰」。

あの激痛を経験した方も多いかもしれません。

ぎっくり腰は、別名「魔女の一撃」なんて言われていて、筆舌に尽くし
難い痛みです。

では、ぎっくり腰とは一体どんな病気なのでしょう。

先ず、「ぎっくリ腰」とは、症状を指している一般的な名称で、
実際の医学的な病名ではありません。

腰椎捻挫(椎間関節捻挫)と診断されていて、正式な病名は

「急性腰痛症」と言うようです。


ちなみに、ぎっくり腰になってしまうタイミングですが、
一般的には・・・

・重い物を持ち上げようとした。
・顔を洗おうとしたなどで、中腰になった。
・横にある物を取ろうとして、腰を捻った。
・朝起きたら、腰が痛くて動けなくなってしまった。
・何の前ぶれもなく、突然激しい痛みが襲ってきた。


このようなことがあげられます。

また、ぎっくり腰の原因として考えられることに、日頃から腰に負担の掛かる
動作を行っていた場合や長時間同じ姿勢でいた為の腰の疲労による場合などが
あるでしょう。

ぎっくり腰になってしまった場合には、とにかく痛みの少ない姿勢をとって、
安静にしなければいけません。

腰の痛みの原因は炎症によるものですので、患部を押したり、
マッサージしたりするような行為はだめです。

そして、徐々に痛みが引いてきたり、痛みに慣れたりして動けるようになったら、
すぐに整形外科を受診するようにしましょう。

たとえ、痛みが治まったからと言って、ぎっくり腰が治ったと思ったら
大間違いですよ。

いつまた激痛が襲ってくるかわかりませんので、専門医の診断を仰ぐことが
一番確実な治療方法だと言えるでしょう。

特にぎっくり腰の場合は、何の前触れも無く、痛みが襲ってきますので、
注意のしようがないのですが、あまり無理をしない、体に負担を掛けないと言う
のがいいかもしれませんね。

ぎっくり腰にならない為にも、充分注意してくださいね。

 







<PR>
白髪予防のサプリメントには? | 白髪の原因は?白髪の予防と改善!
どうして時差ぼけするのか? | 睡眠時間を短くさせる方法・睡眠時間短縮のコツ!
【女子ゴルフ】クラブ選びのポイントは? | 女性のゴルフレッスン・ゴルフ上達方法!
膠原病とは?関節痛からくる病気? | ひざの痛みを治す・膝痛対策!






>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。