So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
腰痛治療 ブログトップ
前の3件 | -

腰痛を薬物で治療する? [腰痛治療]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

頑固な人の場合、酷い腰痛であっても病院に行かず、市販の湿布などで
我慢されている方もいますよね。

ですが、あまり腰痛が酷いようであれば、1度病院で診てもらったほうがいいでしょう。

今日は、そんな中でも薬物治療の事を調べてみたので、是非、参考にしてください。


●腰痛の薬物治療では・・・

腰痛の治療方法として薬物療法と言う物がありますが、実際、
どのように薬物で治療しているか皆さんはご存知だったでしょうか?

腰痛の薬物療法では主に、消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤を使用します。

消炎鎮痛剤はよく耳にすることがあると思いますが、痛みが
起こっている部分には必ず炎症が見られるんですね。

この炎症を抑えることで、痛みを緩和してくれる薬が消炎鎮痛剤になります。

もちろん、消炎鎮痛剤と言ってもその種類は様々あって、その中には
内服薬や座薬などがあります。

他にも、消炎鎮痛剤が入った湿布や塗り薬などもあって、
痛みの深い部分にまではあまり効果がないようですが、
痛みのある部分に集中的に即効性があると言われているようです。

筋肉弛緩剤は、緊張している筋肉やけいれんを起こしてしまっている
筋肉をほぐすことにより、痛みを緩和してくれる薬になります。

ですが、この薬は胃腸機能の障害をもたらすような副作用が見られる場合が
あるので、筋肉弛緩剤を処方される時は一緒に胃腸薬を処方されることが
多いと思います。

これら二種類の他にも、腰痛の痛みを緩和してくれるような薬はあります。

例えば、ビタミン系では、

ビタミンBやビタミンEなどもよく処方されるようです。

ちなみにビタミンBと言うのは神経の働きを活発化させて、
しびれを緩和させてくれる働きがあります。

また、ビタミンEには血行を促進して、筋肉の緊張をほぐす働きがあります。

しかし、薬物療法はあくまでも、対処療法にしかすぎないと言うことを
覚えておいてください。

なので、ある程度の期間、痛みを抑えることは可能ですが、
根本的な治療にはなっていないことがほとんどです。


以上が腰痛のための薬物治療ですが、お分かりいただけましたでしょうか。

やはり、このような治療で根本的な改善にはなっていません。

根本的に腰痛を改善させたいのであれば、以下が参考になります。

病院に行く必要もありませんし、薬に頼ることもありません。

気になる方は1度チェックしてみてください。

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



トラックバック(0) 

腰痛を漢方で治療する! [腰痛治療]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

重い物を運ぶ仕事の方、ディスクワークで毎日座っているような方、
中腰で仕事をしている方など、腰痛になりやすいようですね。

ですので、そんな方は特に注意をしなければいけません。

腰痛の治療では、色々ありますが、今日は、漢方薬のことを
調べてみたのでご覧ください。

漢方薬って、あんまり腰痛とは関係ないようなイメージですが、
実際はどうなんでしょう。


●腰痛に漢方?

腰痛で痛みが発生してしまった場合によく、消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤を
薬として内服したり、外用薬として使用することはよくありますね。

ですが、これらの薬を長期的にわたり使用していると、以前ほど
効果が見られなくなったり、胃腸機能に障害をもたらすこともあります。

こんな患者さんが行う治療法としては、漢方が有効になります。

腰痛で漢方を処方してもらう際、一番腰痛改善に使用される漢方の一つが、

・芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)

になります。

この漢方薬は、芍薬という生薬と甘草という生薬から作られていて、
どちらとも痛みを緩和する作用があると言われているんですね。

ちなみに芍薬甘草湯は、市販の物で簡単に購入することが出来ます。

ただ、市販の物の場合には、副作用を起こしてしまう危険性も高いと
言われているので、注意が必要です。

出来れば、漢方専門の医師などに処方してもらうようにしましょう。

芍薬甘草湯は腰痛の他にも、肩こりや生理痛などにも効果があるようです。

また、八味地黄丸(ハチミジオウガン)は腰痛だけでなく足や腰の冷えにも
効果があり、腰痛からくる坐骨神経痛に悩まされている方でなら
疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)なども効果があると言われています。

これら漢方には、今起こっている痛みを緩和させるだけでなく、
冷えや高血圧が解消されたりするなど、体調そのものを良くする効果も
あります。

ですが、漢方の場合、絶対に腰痛が改善されると言うわけではありません。

漢方薬では相性があり、使用する方によって効果が顕著に表れる場合も
あるでしょうし、いくら飲み続けても効果がない方もいます。

漢方は鎮痛剤や弛緩剤と違って、必ずしも効果があるという物ではなく、
腰痛を引き起こしてしまっているような生活習慣の改善なども
一緒に行っていかなければいけません。

漢方薬よいところと言えば、やはり副作用が少ないと言ったところです。

ですので、長期にわたり続けても安心です。

その逆にデメリットとしては、すぐに効果が現れない。

長期間飲まなければならず、費用がかかる。

こんなようなところです。

ちなみに、漢方に頼らなくても腰痛を改善させる方法もあります。

それがこれ!

この下のリンクが参考になります。

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



トラックバック(0) 

神経ブロックで治療する? [腰痛治療]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

腰痛の治療で神経ブロックというのがあるのですが、ご存知だったでしょうか? あまり聞き慣れない言葉ですが、神経ブロックとはどう言うものでしょう。 このページで解説していますので、参考にしてみてください。 ●神経ブロックで治療・・・ 神経ブロック療法は、腰痛の原因がしっかりと明確であり、 そして、消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤などを使用しても痛みが緩和されず、 再発を繰り返してしまう場合に行われることが多い治療法になります。 痛みが酷く日常生活に支障をきたすような腰痛を持つ患者さんに 行われることが多いようです。 脳に痛みを伝える伝導回路に麻酔薬やステロイド剤を注入することで、 一時的に脳への回路を遮断し、痛みが伝わらないようにします。 ご存知ないかもしれませんが、神経ブロックにも何種類かあり、 その中でもよく行われる方法が、硬膜外ブロックと神経根ブロックになります。 硬膜外ブロックは一般的に一番多く行われるブロック療法なのですが、 脊髄の外側にあり、神経を包んでいる硬膜の外側に麻酔薬とステロイド剤を 混ぜた物を注入する方法になります。 また、神経根ブロックはレントゲンで、炎症を起こして痛みを発生させている 部分を判断し神経根部分に直接注入を行う方法になります。 どちらのブロック療法も即効性がありますので、ブロック療法を1回しただけ でも今までの痛みが信じられないくらい効果を発揮してくれる場合もあります。 ですが、人によっては、何度ブロック療法を行っても、あまり効果が 見られない事もあるようです。 この療法は一時的に痛みを緩和するだけのために行われる療法ではなく、 繰り返し行っていくことによって表れる効果を期待しています。 もちろん、体にとって悪影響を及ぼすような薬は使わないので安全ですし、 注射を打ってから数時間後にはその薬は体外に排出されるはずです。 このため、副作用がほとんどない上に直接痛みのある部分を治療することが 出来るのです。
以上が神経ブロックで治療についてです。 少し難しいと思われた方もいるかもしれませんね。 病院でもらう湿布などでは、痛みが緩和されないなんて方は、 神経ブロックの治療を試してみてはいかがでしょうか? ちなみに、薬などに頼らなくても治療できる方法もあります。 以下のリンクが参考になるので、是非、チェックしてみてくださいね。
>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0) 
前の3件 | - 腰痛治療 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。