So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

脊椎分離症について! [腰痛の症状]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

脊椎分離症ってご存知でしょうか?

やはりこちらも腰が痛むのですが、今日は、この脊椎分離症について
詳しく解説しています。

特によく体を動かすスポーツマンの方は注意が必要ですよ!


●脊椎分離症について!

脊椎分離症ですが、比較的若い年齢で、激しいスポーツを行っている方に
多く見られる腰の痛みになるのですが、それではこの脊椎分離症とは、
一体どんな病気なのでしょうか?

脊椎分離症とは、脊椎にある椎弓の最も細くなっている部分が分離している
状態で、主に第4腰椎と第5腰椎に起こることが多いそうです。

その原因には、まだ骨が成熟していない少年期にスポーツなどで腰の
曲げ伸ばしや捻り運動を繰り返す動作を続ける事で、腰へ過度な負担を
掛けてしまって、少しずつ骨が分離していく「疲労骨折説」が挙げられます。

こういった分離症だけでは、痛みなどの自覚症状が出ない場合が多いようです。

しかし、長時間同じ姿勢で立っていたりすると、分離した箇所が不安定な為、
周辺のじん帯や筋肉に負担が集中して痛みが発生してくるんですね。

さらに、腰を反らせた場合や横に曲げたりした場合に、腰の痛みを訴える
こともあります。

脊椎分離症の治療法としては、保存療法が、まず第一に挙げられますので、
安静にしていなければいけません。

安静にしていると、徐々にですが、骨が繋がっていくでしょう。

痛みが強く出る場合には、コルセットを装着して腰椎を固定したり、
ブロック注射を行ったりする場合もあるようです。

また、スポーツが好きな子供が腰の痛みを訴える場合は、
この脊椎分離症であることがほとんどだと思います。

分離すべり症や椎間板ヘルニアなど、症状が悪化してしまう前に、
早目に専門の医師に相談することが大切ですね。

要するに、体が無理をしていると脊椎分離症になる場合もあるということです。

特に立ちっぱなしの仕事などをしている方は十分注意しなくていけませんね。

続きを読む


>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0) 

尿路結石症とは? [腰痛の症状]

>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!

尿路結石症ってご存知ないでしょうか?

実は、この尿路結石症も腰が痛んだりするんですね。

そこで、今回は、尿路結石症はどういった症状どのような特徴が
あるのかを詳しく調べてみましたので、ぜひ参考にしみてください。


●尿路結石症とは・・・

もし、背中や腰にかけての強い痛みを感じるような場合には、
「尿路結石症」と言った病気になっている可能性もあります。

では、尿路結石症とは一体どのような病気なのでしょうか?

先ず、尿路結石症は1つの症状についての病名ではなく、

・腎臓結石
・尿管結石
・膀胱結石
・尿道結石


これらをまとめて、「尿路結石症」と呼んでいます。

ですので、字に表されているように、「尿路」に石ができる病気だと
言えますよね。

ちなみに、この石なんですが、主に尿に溶け込んでいるシュウ酸カルシウム、
リン酸マグネシウムアンモニウム、リン酸カルシウム、尿酸などから
構成されています。

これらが何かしらの原因で結晶となり、石のように固まってしまいます。

体内のクエン酸やマグネシウムなどの減少、カルシウムや尿酸濃度の上昇が
主な原因だと考えられていますが、およそ8割の尿路結石症が原因不明と
言われているようですね。

また、尿路結石症の痛みは非常に強い痛みで、冷や汗や嘔吐、吐き気などを
伴うこともあります。

他にも、血尿として症状が表れる場合もあるのです。

2対1以上の割合で男性が多く発症していて、その中でも特に30代、
40代に多い病気です。

石の発生を予防する為には、とにかく水分の補給が必要です。

尿の中のミネラル濃度を低くするために、1日2リットル以上は尿として
排出することが必要となってきます。

ですので、水分を多く摂ることが大切になります。

また、石は夜に作られると言われていますので、意識的に夕食後に水分を
摂るようにしましょう。

以上、尿路結石症についてでした。


追伸

人によっては、激しく痛むようなので、そのような事態にならない為にも
体調がおかしいと感じたら、早めに病院にいくようにしましょう。

続きを読む


>>自宅で腰痛が改善する方法!これなら薬や注射には頼らないので安心です!



nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。